東京ラブ( *´艸`)

natural-days:

お友達からMAMIYA RB67の
127mmレンズを借りた日の写真です。

どっちがどっちだっけ?(笑)

たぶん上がお借りした127mmで
下が自分の90mmだと思うけど違うかな。

royal-sea:

by (inoc)
bonsaibones:

I’m in love with this gif. Everything about it. The rain drizzling. The candle flickering. The colors. I love it.

bonsaibones:

I’m in love with this gif. Everything about it. The rain drizzling. The candle flickering. The colors. I love it.

photones-takuma:

PhoTones Works #5291 on Flickr.岡山の蛍

photones-takuma:

PhoTones Works #5291 on Flickr.

岡山の蛍

hanayaoat:

平安神宮(6/10)

http://www.heianjingu.or.jp/

神宮の神苑はじめていきました。

年2回無料公開されてるんですが平日で行けなくてなー

今回は祖父に無料拝観券もろてかつ菖蒲の見ごろという事でふらっと。

菖蒲がほんとに一面に咲き乱れてましてかなりきれい。

睡蓮池もたくさん睡蓮あっていいとこだわーー

yukkonen:

線香花火

chuck-snowbug:

- Steamed Edamame with Soy Sauce & Garlic -
夏になるとこのブログに、枝豆のニンニク醤油、という料理が何度も登場するのにお気づきの方もあるかもしれません。
枝豆に火を通したあと、適量の醤油と細かく刻んだ生ニンニクとともに素早く和える、というだけの一品なのですが、シンプルなだけに、ちょっとしたことで味わいが大きく変わってきます。試行錯誤の末にたどり着いた私なりの決定版レシピを、此処に記してみたいと思います。
  <食材>  枝豆:1パック(できれば枝つきのもの)
       刺身醤油:大匙1
       ニンニク:大1片(小なら2片)     
1.枝豆を、茹でる、のではなく、蒸す。
・野菜は何でもそうですが、蒸した方が旨みが凝縮します。私は竹製の蒸し器をいつも使用していますが、圧力鍋等で代用できる場合もあります。蒸す時間は、まあ適当です(4~5分くらい?)。もうそろそろかな、と思ったところで一度蓋を開け、なかの枝豆をひとつ食べてみて固さを確認する、というアバウトな手順。
2.ニンニクを或る程度まで包丁で刻んだあと、包丁の柄の部分を用いて潰す。
・ニンニクの風味が醤油と枝豆に移りやすくなります。以前は、イタリアンやフレンチの要領で、最初から柄の部分をつかって潰していたのですが、或る程度まで包丁で刻んでからの方がラクなことに気づいたのでした。
3.醤油は、刺身醤油、を用いる。
・醤油の主張の強いものの方が、ニンニクの風味に負けず、より渾然一体となった味わいを愉しめます。醤油の分量は、大匙1、としましたが、別に毎回きちんと計っているわけではなく、要は目分量。一応の目安であります。
4.和えてすぐ食べるのではなく、30分から1時間程度置く。
・その方が確実に味が馴染みます。ただし、あまり時間を置き過ぎると、今度はやや水っぽくなってしまうので注意が必要。あと、一々書きませんでしたが、蒸す前にきちんと塩もみした方が好いのは云うまでもありません。
できあがった枝豆を口にふくみ、皮の部分に滲みこんだニンニク醤油の風味をちゅるちゅると味わい、豆をぽりぽりと齧り、合間あいまにニンニクの小片(生なのでちょっと辛い)をつまんでいると、ついついビールが進んで困ってしまうこと受けあいであります♪♪
    ****
This edamame dish is very easy to make.
- Ingredients:
 Fresh Edamame: 1 Pkg (1 bundle)
    Salt: 1/2 Tbsp
 Soy Sauce: 1 Tbsp *Soy sauce for sashimi & sushi, thick and darker one, would be better, if you have one.
 Garlic: 1 clove, minced
- Preparations:
1. Rub fresh edamame with salt of 1/2 tbsp to remove soft hairs on the surface and wash with water.
2. Steam edamame for about 4 or 5 minutes.
3. Put steamed edamame, soy sauce & minced garlic in a bowl and mingle them together.
4. Leave the bowl for 30-60 minutes in order to make soy sauce & garlic relish soak into edamame. Then eat!!

chuck-snowbug:

- Steamed Edamame with Soy Sauce & Garlic -

夏になるとこのブログに、枝豆のニンニク醤油、という料理が何度も登場するのにお気づきの方もあるかもしれません。

枝豆に火を通したあと、適量の醤油と細かく刻んだ生ニンニクとともに素早く和える、というだけの一品なのですが、シンプルなだけに、ちょっとしたことで味わいが大きく変わってきます。試行錯誤の末にたどり着いた私なりの決定版レシピを、此処に記してみたいと思います。

  <食材>  枝豆:1パック(できれば枝つきのもの)

       刺身醤油:大匙1

       ニンニク:大1片(小なら2片)     

1.枝豆を、茹でる、のではなく、蒸す。

・野菜は何でもそうですが、蒸した方が旨みが凝縮します。私は竹製の蒸し器をいつも使用していますが、圧力鍋等で代用できる場合もあります。蒸す時間は、まあ適当です(4~5分くらい?)。もうそろそろかな、と思ったところで一度蓋を開け、なかの枝豆をひとつ食べてみて固さを確認する、というアバウトな手順。

2.ニンニクを或る程度まで包丁で刻んだあと、包丁の柄の部分を用いて潰す。

・ニンニクの風味が醤油と枝豆に移りやすくなります。以前は、イタリアンやフレンチの要領で、最初から柄の部分をつかって潰していたのですが、或る程度まで包丁で刻んでからの方がラクなことに気づいたのでした。

3.醤油は、刺身醤油、を用いる。

・醤油の主張の強いものの方が、ニンニクの風味に負けず、より渾然一体となった味わいを愉しめます。醤油の分量は、大匙1、としましたが、別に毎回きちんと計っているわけではなく、要は目分量。一応の目安であります。

4.和えてすぐ食べるのではなく、30分から1時間程度置く。

・その方が確実に味が馴染みます。ただし、あまり時間を置き過ぎると、今度はやや水っぽくなってしまうので注意が必要。あと、一々書きませんでしたが、蒸す前にきちんと塩もみした方が好いのは云うまでもありません。

できあがった枝豆を口にふくみ、皮の部分に滲みこんだニンニク醤油の風味をちゅるちゅると味わい、豆をぽりぽりと齧り、合間あいまにニンニクの小片(生なのでちょっと辛い)をつまんでいると、ついついビールが進んで困ってしまうこと受けあいであります♪♪

    ****

This edamame dish is very easy to make.

- Ingredients:

 Fresh Edamame: 1 Pkg (1 bundle)

    Salt: 1/2 Tbsp

 Soy Sauce: 1 Tbsp *Soy sauce for sashimi & sushi, thick and darker one, would be better, if you have one.

 Garlic: 1 clove, minced

- Preparations:

1. Rub fresh edamame with salt of 1/2 tbsp to remove soft hairs on the surface and wash with water.

2. Steam edamame for about 4 or 5 minutes.

3. Put steamed edamame, soy sauce & minced garlic in a bowl and mingle them together.

4. Leave the bowl for 30-60 minutes in order to make soy sauce & garlic relish soak into edamame. Then eat!!

aoi134:

‧·・゚*